12月 072012
 

総社古墳群は、前橋台地上標高120mの平坦地にあり、現利根側からは西約700mにあたります。
【アクセス】JR群馬総社駅から徒歩・自転車1.6km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧前橋市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

方墳 1辺39m前後、高さ5m 総社町総社 横穴式石室 古墳めぐりハンドブック

南から。2段築造で葺き石がある。

石室は羨道がなく玄門から直接前庭に開く構成。

截石切り組積みの横穴式両袖型石室。

奥壁と天井石。すべて輝石安山岩の一枚の巨石を使用。壁面に漆喰が塗られている。

玄門は冠材を格狭間状にくりぬき、石材加工技術のすばらしさに仏教文化の影響が見られる。

(現地案内板より)
史跡 蛇穴山古墳

一辺の長さ約40mの方墳である。埋葬主体は横穴式石室であるが、羨道を欠き、玄門と玄室からなる特殊な形をとっている。
玄門の前には、羨道の痕跡ともみられる構造と八の字形にひらく前庭がある。石室は天井、奥壁、左右壁ともにみごとに加工した各一枚の巨石で構成されている。天井石、奥壁などの縁はL字形に切り込んで壁の石と組み合わせている。精巧な細工をほどこした玄門とともに、当時の石材加工技術の優秀さを物語っている。石室の規模は玄室長(西)3m、同幅2.6m、同高さ1.8mである。
隣接する宝塔山古墳とともに、県内古墳の最終末期に造られたもので、8世紀初頭の頃に位置づけられよう。

(撮影 2003/11)


 返信する