12月 072012
 

小日向古墳群は、九十九川と増田川合流点北側の台地上に分布しています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

権現塚古墳 円墳 小日向字田中 横穴式石室、耳環、鉄鏃、玉類 「発掘された安中の遺跡2007パンフレット


琴平山古墳の南東近くに位置する小円墳。周囲は弥生時代を中心とする集落跡(小日向遺跡群田中遺跡)で、平成16年から県営土地改良事業に伴い発掘調査された。訪れたときは調査が終わって工事が始まり、石室がかろうじて残っていた。


遺存状態は悪く石室の下部のみ残存。耳環・鉄鏃・丸玉・臼玉・ガラス製小玉が出土し、6世紀後半の築造と推定されている。


奥壁方向。(反対方向から)


羨道方向。

(撮影 2007/05)

 返信する