9月 182015
 

柏崎古墳群は、国道407号と254号の交差点北側に分布しています。松山台地の東方、川島町に向かって張り出した舌状台地のほぼ中央北寄りにあたります。(資料 東松山市史)県重要遺跡。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
柏崎10号墳(天神山古墳) 前方後方墳 57m 柏崎字小原 台地・畑、宅地 鏡、釧 埼玉県古墳詳細分布調査報告書 柏崎11号墳 円墳 柏崎字小原 台地・畑 埼玉県古墳詳細分布調査報告書

kasiwatenzin1

 南から(2014年)。墳丘が宅地化で削られている。

kasiwatenzin2

天神山古墳を北から(2003年)。東松山市史では前方後円墳とされているので、近年前方後方墳と判明したようだ。(2015/12追記。さいたま史跡の博物館の古墳編年パネルによると4世紀前期末葉~中頃の築造。)

 kasiwa11

天神山古墳西側にある11号墳と思われる墳丘(分布図と位置が少し違う)。わずかな高まりとして残っている。東松山市史の分布図(縮尺1/435くらい)では、天神山古墳と同じくらいの大きさで描かれている。

kasiwahoka

11号墳の北北西180mほどのところにある古墳らしきもの、しかし埼玉県古墳詳細分布調査報告書や東松山市史には載っていない。

(撮影 2003/03)

 返信する