10月 092015
 

高坂古墳群は、高坂駅東側の台地上に分布しています。都幾川と越辺川に挟まれた高坂台地の北東よりにあたります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■東松山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
高坂8号墳 前方後方墳 高坂3番町 台地・山林 三角縁神獣鏡・捩文鏡・管玉・鉄製槍鉋・土師器 東松山市埋蔵文化財センター展示パネル
高坂9号墳(高坂神社古墳) 円墳 35m 高坂3番町 台地・山林、神社境内 埼玉県古墳詳細分布調査報告書

taka8_5

taka8_6

8号墳。神社社殿の北西近く。高い墳丘が残っている。(2003年)以下、8号墳については東松山市埋蔵文化財センターを見学し2013年5月加筆。

taka8_82

平成23年発掘調査が行われ4世紀中頃築造と推定される前方後方墳と判明した。鏡の発見地は上の写真の撮影地点の足元だった。びっくり。

taka8_83

8号墳と9号墳の間から出土した三角神獣鏡。「三角縁陳氏作四神二神獣鏡」と命名。実は同笵鏡が確認されていない新発見のタイプのもので、まだどこかに同じ鏡がある可能性が高いとのこと。3世紀中葉に作られた舶載鏡と推定されている。

taka8_86

後方部墳頂から出土した捩文鏡。4世紀中葉に作られた仿製鏡(国内製)。

taka8_87

周溝から出土した古墳時代前記の土師器。

taka8_7

墳丘は削平されてしまった。

taka9_1

9号墳。低い墳丘に神社社殿が食い込んでいる。神社裏と西側に墳丘が残っている。

(撮影 2014/12、2003/03)

 返信する