1月 232013
 

下唐子古墳群は、唐子中央公園付近に分布しています。
【アクセス】東武線森林公園駅から徒歩・自転車2.5km、神社駐車場、見学自由・石室内要許可 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■東松山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

若宮八幡古墳 円墳 径約30m、高さ4m 石橋字若宮 台地・山林、神社境内 横穴式石室、円筒埴輪、形象埴輪、馬具、桂甲小札、刀子?、鉄鏃? 現地説明会取材及び資料


6世紀末頃の築造と推定される円墳で県指定史跡となっている。墳長に若宮八幡神社社殿。平成22/23年度、石室の解体修復工事が行われ、23年10月現地説明会が開催された。


羨道部。主体部は全長8.8mの両袖型横穴式石室で羨道、前室、玄室からなる複室構造。新編武蔵風土記に明和のころ村民により発掘されたことが記されており、副葬品は残されていない。


前室。長さ約2.55m。床には礫が敷き詰められている。


玄室。長さ4.18m、高さは現状で約2.8m。凝灰岩及び砂質凝灰岩のキリ石切組積みで構築されている。 


奥から。プランは胴張り。壁の黒ずみは後世に焚き火かなにかで煤けたもの。人が住んでいた時期があり、そのときに玄室の礫床は外に出してしまったらしい。 


前室を奥から。今後石室は施錠され内部を見学するには許可が必要。照明が設置されたので柵越しに内部を観察することはできる。


玄室の天井石。以前は緑泥片岩ではないかと言われてきたが、今回の調査で凝灰岩であることが判明した。形状はカマボコ型を呈しているとのこと。


キリ石切組積み。内面は平滑に仕上げられているがノミの跡が明瞭に残る。

(撮影 2011/10)

 返信する