9月 242012
 

この玄門は、壬生町城址公園内に安置されています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用 現地案内板


吾妻古墳の前方部にあった石室の玄門。凝灰岩の一枚石を繰り抜いたものでタテ2.3m、ヨコ1.9mある。壬生藩主鳥居忠宝公が隠居所を築くさい古墳から持ち出した。昭和63年に現在地へ移転。江戸時代の文書から、、石室は凝灰岩の切石積で羨道(奥行高さとも1.8m)と玄室(2.7m四方)からできていたものと推定されている。

(撮影 2005/12)

 返信する