9月 242012
 

壬生愛宕塚は、黒川と恵川合流点東側の段丘上に築かれています。
【アクセス】東武線壬生駅から徒歩・自転車1.6km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
愛宕塚古墳 前方後円墳 全長65m、後円部高5.5m、前方部高6.5m 藤井 埴輪 現地案内版
壬生愛宕塚古墳 前方後円墳 第一段(全長約77m、後円部径34m、前方部先端幅46m)、第二段(全長約53m、後円部径23m、前方部先端幅35m)、周溝からの高さ・後円部5.5m・前方部6.5m 藤井 探訪とちぎの古墳


(1)南西から。前方部の発達した後期前方後円墳。左手前が前方部、右奥が後円部。茶臼山古墳より後で、付近の車塚・牛塚古墳よりは先に築かれたものと推定されている。


(2)北側の周溝跡。

 
(3)前方部。墳丘上に愛宕神社。


(4)前方部から後円部。

 
(5)後円部から前方部

愛宕塚古墳は、黒川東岸の台地上につくられた前方後円墳です。
墳丘は二段につくられ、栃木県中央部の大型古墳にみられる墳丘第一段平坦面(基壇)を幅広くつくる特徴が愛宕塚古墳にもみられます。墳丘は全長が65m、周溝の底からの高さは後円部で5.5m、前方部で6.5mあり、後円部にくらべ前方部が大きさ・高さとも著しく発達した典型的な後期型の墳形をしています。
墳丘の周囲には盾形に堀と土塁が残りの良い状態で廻っています。
愛宕塚古墳の石室については、発掘調査が行われていないので不明ですが、墳丘からは埴輪が出土しています。
墳形や埴輪などから、愛宕塚古墳は古墳時代後期につくられた古墳と考えられます。
なお、前方部に祀られている愛宕神社は、元禄7年(1694)壬生城主、松平輝定が壬生城の鬼門除けとして建立されたと伝えられています。
壬生町教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2005/12)

 返信する