9月 242012
 

2010年1月17日に第3回現地説明会が開催されました。
【アクセス】東武線壬生駅から徒歩・自転車2.5km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

吾妻古墳 前方後円墳 全長127.8m 藤井 横穴式石室、円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、挂甲、ガラス玉 現地説明会資料


前回、上部のみ見られた石室が全貌を現した。明治期の絵図では2.7m四方とされていたが、実際はやや小さい奥行き2.7m、幅1.7m、高さ1.8m。玄門を嵌め込んだ溝もはっきりわかる。新たに挂甲、ガラス玉が出土した。

 
水で濡らしたところ。ベンガラによる赤い彩色がよくわかる。石材は青みがかっており凝灰岩とは明らかに違う。前回も石材の由来は不明とのことだったが今回もまだ不明。進展はなかったようだ。


玄室手前には河原石を積み上げた壁があったようだ。


石室復元模型。天井石と玄門は壬生城址公園にあるものと寸法が一致し、ほぼそれらに間違いないだろう。


今回はくびれ部にトレンチが入れられた。造り出しではないかと見られていた部分は、古墳築造後のものであることが判明。平安時代の陶器や中世の古銭が出土した。また基壇面からは埴輪は見つからず、二段目に並べられていたようだ。円筒埴輪の他、人物・家・楯・ユキの埴輪が出土している。

(撮影 2010/01)

 返信する