9月 242012
 

古敷古墳群は、壬生町清掃センター北西の丘陵上に分布しています。
【アクセス】東武線安塚駅から徒歩・自転車6.3km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
茶臼山古墳 前方後円墳 墳丘第一段全長88m、第二段全長66m・高さ約6m 羽生田 埴輪、土器 現地案内板
茶臼山古墳 前方後円墳 第一段(全長91m、後円部径45m、前方部先端幅51m)、第二段(全長66.4m、後円部径37m、同高5.8m、前方部先端幅40m、同高5.4m) 羽生田 円筒埴輪、形象埴輪、須恵器、土師器 探訪とちぎの古墳


(1)東から。左が後円部、右が前方部。盾形に周溝と周堤が廻る前方後円墳で6世紀後半の築造と推定されている。


(2)南東から。左手前が前方部、右奥が後円部。


(3)北から後円部

 
(4)周溝跡。丘陵上とは思えないほど見事に残っている。


(5)前方部から後円部

 
(6)後円部から前方部

茶臼山古墳は、標高約100mの台地頂部に築かれた前方後円墳です。谷を挟んだ東側の台地上にある県指定史跡富士山古墳(円墳)とともに南側に広がる水田を臨むように立地しています。
墳丘は二段に築かれており、墳丘第1段平坦面が幅広くつくられているのが特徴です。墳丘の大きさは、墳丘第一段の全長が88mあり、その上に全長66m・高さ約6mの墳丘第二段が載っています。
墳丘の周囲には盾形に周溝と周堤が廻り、保存の良い状態で残っています。周溝は幅が約20mあり、深さは最も深いところで約6mあります。周溝の外側を廻る周堤帯は、幅が約5mあり、周溝底面からの高さは最も高いところで約1.5mあります。周堤帯を含めた古墳綜全長は130mに達します。
明治28年に発掘調査が行われ、埴輪や土器が出土しました。出土資料のなかでも家型埴輪は、屋根を表現した部分しか残っていませんが、復元すると2mくらいの大きさになると思われます。
茶臼山古墳は、出土した埴輪などから古墳時代後期につくられた古墳で、近くにある富士山古墳と共に、この一帯を治めていた豪族の墓と考えられます。
壬生町教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2005/12)

  2 コメント

  1. 埼群古墳館担当者様。初めまして。栃木県壬生町富士山古墳と茶臼山古墳から出土した家形埴輪について教えてください。現地の説明看板及び壬生町教育委員会の「みぶの古墳」では、屋根の部分が赤く彩色されているようになっていますが、この色の顔料?色素?がどのようなものかについて、ウエブ上では情報が見つかりませんでした。もし分析がなされていましたら、ご教示ください。どうぞよろしくお願いいたします。

     
  2. 金沢様。
    私の手持ちの資料では赤彩の成分について書かれているものはありませんでした。
    富士山古墳については壬生町教育委員会から調査報告書が刊行されているようですので図書館などで閲覧されてはいかがでしょうか。

    お役にたてず申し訳ありません。

     

 返信する