7月 232012
 

愛宕山古墳群(水戸市)は、県立盲学校北側の台地上に分布しています前方後円墳2、円墳2基(うち一部湮滅)からなります。
【アクセス】JR偕楽園駅から徒歩・自転車3.1km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■水戸市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地現況 出土品、備考 引用
愛宕山古墳 前方後円墳 全長約148m、後円部径約84m、同高約10m、前方部幅約90m、同高約8m 愛宕町愛宕 宅地、境内 円筒埴輪、縄文時代後期土師器、周溝 水戸市埋蔵文化財分布調査報告書(1999)、茨城県遺跡地図(2001)
愛宕山古墳 前方後円墳 全長136.5m、後円部径78m、同高10m、前方部幅約75m、同高9m 愛宕町愛宕 宅地、境内 現地案内板


南東から。左が前方部、右がくびれ部。那珂川の右岸段丘上に築かれた大型円墳で5世紀後半(本格的な発掘調査がされておらず文献によって5世紀中~6世紀初頭と幅がある)の築造と推定されている。


測量図からCGを作成。東から。
古墳CG館


南西上から。


南から前方部。

 
西から後円部。


くびれ部から後円部。墳頂には愛宕神社社殿。


後円部からくびれ部。

(撮影 2009/04)

 返信する