9月 292012
 

本古墳は、鬼怒川左岸宝木台地西端の八幡宮境内にあります。
【アクセス】真岡鉄道寺内駅から徒歩・自転車3.0km、神社駐車場から徒歩、見学自由(石室は震災で崩落したため不可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■真岡市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

中村大塚古墳 円墳か前方後円墳 径約25m 中 台地 横穴式石室、鉄鏃、小札、飾金具、土師器坏、須恵器大甕片 現地案内板、真岡市史


八幡宮北側の林の中にある。社殿からは直接行けないので西側の道に出て林へ入る道をさがすとよい。出土遺物などから6世紀後半~7世紀初めの築造と推定されている。

(本古墳の石室は、東日本大震災のさい崩落し、現在見学は危険です。)


開口部。羨道は一部破壊されている。現存長8.06mの両袖型横穴式石室。羨道長3.9m、幅0.5~0.7m。

 
玄門部は4枚の凝灰岩の切石。


玄室。玄室長4.2m、奥壁幅1.4m、最大幅1.72mで胴張りのプラン。


奥から外。側壁は河原石の小口積ですきまは白色粘土で目張りしている。

(撮影 2006/02)

 返信する