9月 292012
 

森ノ木古墳群は、山前中学校の東1kmほどの小貝川低河岸段丘上に分布しています。
【アクセス】真岡鉄道西田井駅から徒歩・自転車3.1km、駐車場スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■真岡市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

神宮寺古墳 円墳 東西24.4m、高さ4.2m 森ノ木 河岸段丘 横穴式石室、須恵器 真岡市史


南西から。公民館建設や祠の設置で墳丘が削られているが群中では最も残りがよい。6世紀後半の築造と推定されている。

 
南向きに横穴式石室が開口。出土物は須恵器の大甕片とセンのみと少ない。市史では、このセンは2度目以後の追葬(7世紀前半)のときのものとしている。

 
胴張りをもつ無袖型の横穴式石室。割石乱石積で全長6.31m、奥幅1.8m、最大幅2.25m、高さ約2m。

 
奥から外。側壁の石の隙間は白色粘土で目張りされている。

(撮影 2006/02)

 返信する