2月 222013
 

舞鶴山古墳群は、開善寺南方の舞鶴山尾根先端付近に分布しています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
舞鶴山2号墳 前方後円墳 全長36.5m、後円部径約19m、同高3m、前方部幅約18m、同高1.5m 松代町西条 丘陵 竪穴式石室 長野県史考古資料編2


1号の北側で一段下がった狭い平坦面に築かれている。1号に後続する5世紀後葉の築造と推定されている。


前方部から後円部・


後円部から前方部。


主体部は後円部墳頂の竪穴式石室(長さ約5.3m、幅0.7m、深さ0.6m)。現状は埋まってしまったようで観察できず、写真の石が見られたのみであった。

(撮影 2010/04)

 返信する