2月 222013
 

長原古墳群は、保科川の左岸で若穂団地とその周辺に5基が現存しています。昭和42年に住宅団地建設に伴い調査が行われ、古墳時代後期後半に築造された積石塚群と考えられています。
【アクセス】JR長野駅から徒歩・自転車9.0km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■長野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長原古墳群第7号墳 円墳(積石塚) 復元径12×10m、高さ3m 若穂 金環、ガラス玉、鋏具、鉄鏃、須恵器、人骨 長野県史、長野市文化財データベース


南から。団地内中央の公園に保存されている。石室の羨道部は破壊されて規模は不明。出土した須恵器は7世紀もしくは8世紀初頭のものと推定されている。


玄室。全長4.33m。奥壁幅1.95m、最大幅2.42m、玄門幅1.96mで同張りのプラン。天井石は奥の一石を残すのみ。


奥から。玄門部は袖石が張り出し、シキミ石を置いている。

(撮影 2005/11)

 返信する