2月 222013
 

大室古墳群(長野)は、長野盆地南東の山岳地帯に分布する総数500余基におよぶ大規模な古墳群です。5支群に大別され、5世紀から8世紀かけて築造されたものと推定されています。全国的にも稀な積石塚が全体の7~8割を占め、また合掌形石室をもつものもあります。大室谷支群は最も大きな支群で、大星山の支脈と中央の支脈に挟まれた谷間に総数241基があり、その内166基が分布する部分が国の指定史跡となっています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■長野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大室古墳群168号(大平塚) 円墳 径8.0 高さ1.8 松代町大室 合掌形石室、刀子、土師器 長野・大室古墳群(1981)長野市文化財データベース


168号。古墳館背後の遺構復元整備ゾーン(分布図古墳一覧)にある。大正末年に松代町史編纂に携わり大室古墳群を調査した大平氏にちなんで大平塚と呼ばれることもある。


合掌形石室。大室古墳群の紹介にはこの168号が必ず登場する。全長1.9、幅0.85、高さ1.1。山石・割石・乱石積・横積み。

(撮影 2005/11)

 返信する