2月 222013
 

大室古墳群(長野)は、長野盆地南東の山岳地帯に分布する総数500余基におよぶ大規模な古墳群です。5支群に大別され、5世紀から8世紀かけて築造されたものと推定されています。全国的にも稀な積石塚が全体の7~8割を占め、また合掌形石室をもつものもあります。大室谷支群は最も大きな支群で、大星山の支脈と中央の支脈に挟まれた谷間に総数241基があり、その内166基が分布する部分が国の指定史跡となっています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大室古墳群221号 円墳 径9.8 高さ3.1 松代町大室 合掌形石室 長野・大室古墳群、長野市文化財データベース


古墳館右手奥の整備区域外ゾーン(分布図古墳一覧)の1基。貴重な合掌形の石室が残存。


玄室。奥の合掌は倒れてしまっている。全長2.1、幅1.0。山石・平石・縦積。

(撮影 2007/04)

  2 コメント

  1. 最近訪れたところ、番号札が無くなっていたので、ここの写真を参考に位置を推定して、倒れて落葉に埋まってしまっていたのを掘り出しました。落葉に埋もれないように石室の隅に置き直しています。

     
  2. 私が探訪したときも番号札が外れてしまっていた古墳がいくつかありました。数が多いので管理しきれないのでしょうね。

     

 返信する