2月 222013
 

大室古墳群(長野)は、長野盆地南東の山岳地帯に分布する総数500余基におよぶ大規模な古墳群です。5支群に大別され、5世紀から8世紀かけて築造されたものと推定されています。全国的にも稀な積石塚が全体の7~8割を占め、また合掌形石室をもつものもあります。大室谷支群は最も大きな支群で、大星山の支脈と中央の支脈に挟まれた谷間に総数241基があり、その内166基が分布する部分が国の指定史跡となっています。
【アクセス】JR長野駅から徒歩・自転車8.8km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■長野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大室古墳群244号(大塚穴、将軍塚) 円墳 径約20m、高さ約8m 松代町大室 横穴式石室 長野県史考古資料編、大室古墳館展示パネル、長野市文化財データベース


古墳館手前のエントランスゾーン(分布図古墳一覧)の1基。群中最大規模。


羨道部。現存長1.3m、幅1.4m、高さ1.1m。全長約11.5mの横穴式石室で、群中最大規模と考えられている。


玄室。前長7.2m、幅2.1m、高さ2.5mで長方形のプラン。


奥から。地元では通称「大塚穴」と呼ばれている。「将軍塚」とも呼ばれるが、これは善光寺平周辺にいくつかある将軍塚(森将軍塚、川柳将軍塚など)に影響されたものらしい。

(撮影 2005/11)

 返信する