5月 232014
 

大室古墳群(長野)は、長野盆地南東の山岳地帯に分布する総数500余基におよぶ大規模な古墳群です。5支群に大別され、5世紀から8世紀かけて築造されたものと推定されています。全国的にも稀な積石塚が全体の7~8割を占め、また合掌形石室をもつものもあります。うち金井山支群は群の南部金井山尾根上を中心に18基が分布しています。

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大室古墳群471号墳 円墳 東西9.2m、南北10.5m、高さ2.0m、高さ 松代町柴 横穴式石室 長野・大室古墳群(1981)

kanai471_1

471号墳。468~471号は金井山上信越道トンネル出入口近くの山裾に密集して分布。

kanai471_2

玄室。羨道部ははっきりしないが玄室は完存。玄室長3.3m、奥幅1.31m、中央幅1.21m、高さ1.12m。

kanai471_3

奥から。山石の原石を横積みしている。天井石も原石のまま。

(撮影 2014/04)

 返信する