2月 222013
 

本古墳は、東条小学校の1.5kmほどのところにあります。
【アクセス】JR篠ノ井駅から徒歩・自転車9.8km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■長野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
菅間王塚古墳 円墳 直径34m、高さ6.7m 松代町東条 合掌形竪穴式石室 現地案内板


松代町を見下ろし、遠く日本アルプスまで望める景勝の地に築かれている。県内最大の積石塚で竪穴式の合掌形石室を持つ。

 この古墳は、直径34m、高さ6.7mの積石塚形式の円墳である。
 内部主体は、合掌形石室であることが確かめられている。類例として竹原笹塚古墳、桑根井空塚古墳がある。全長3.5m、最大幅1.25m。側壁に左右4枚ずつ、奥壁2枚の柱状の石を並べて横穴式状の基部を造り、その上に板石を内傾させ合掌形式に組み合わせて天井を構成する。
 この古墳の特色である積石塚は、墳丘の封土を土砂の替わりに石塊を用いて構築する方式で、日本国内では、長崎県や香川県、徳島県等の四国地方、山口、山梨、静岡等の各県にも分布するが、長野県ないでは、特に善光寺平中央や千曲川東岸に多い、
 積石塚古墳の起源には、積石による墳丘形成は、石室を覆う封土を土砂よりも石に求めた自然環境説と、その築造方法自体を高句麗や百済等朝鮮半島からの渡来人に求める説とがあり、今後の検討が待たれる。
 この古墳は長野県下最大の積石塚古墳であり、合掌形石室を内部主体とする古墳として貴重である。
長野県教育委員会

(現地案内板より)

(撮影 2005/10)

 返信する