8月 302013
 

長柄横穴群は、長柄町役場東方1.5kmほどの丘陵地斜面に分布しています。2支群36基が国指定史跡となっています。第2支群は、五つの小支群(第5から9)計14基(15基?)からなります。

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長柄横穴群 横穴墓 徳増・榎本 台地 須恵器・土師器・刀子・鉄鏃・鍔 長柄町横穴群徳増支群発掘調査報告書

nagara34_1

34号。高壇式で高さ1.06mであるが羨道床面は埋まっているようだ。羨道天井は欠失し、また残っている部分も崩落しそうで危険。

nagara34_2

玄室は横長方形(3.25×3.79m)。天井は横アーチ形で棟を陰刻し、また壁面に梁や柱を陽刻し家形を模している。同様の26号より手が込んでいる。棺座は4基あるがあまり状態はよくない。

nagara34_3

左側壁。ひび割れが入り危険な状態。

nagara34_4

右側壁。

nagara34_5

奥から。

(撮影 2013/03)

  One Response

  1. はじめまして
    長柄横穴群のすばらしい写真と丁寧なご紹介、ありがとうございます。
    30年以上前に、長柄横穴群の探索に行きましたが、危険と言うことで、殆ど見ることが出来ませんでした。整備もされていませんでした。
    長柄横穴群のスケールの大きさ、入念な造作には驚きいります。はたして、これらは墓だったのかしら、偽装だったのでは??と言う疑念がわきます。一宮海岸の砂浜は今でも砂鉄交じりで黒々していますので・・・

     

 返信する