2月 222013
 

七瀬双子塚古墳は、北信濃ふるさとの森文化公園のある丘陵尾根上にあります。
【アクセス】長電長野線信州中野駅から徒歩・自転車3.7km、駐車無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■中野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
七瀬双子塚古墳 前方後円墳 全長62m、後円部径約33m、同高7.5m(4.5m) 七瀬南原 葺石、鏡、直刀、槍、鉄鏃、甲冑、土師高坏、土師壷、須恵壷、円筒埴輪 現地案内板、長野県史考古資料編2

 


北西から。左が後円部、右奥が前方部。案内板で高さ7.5mとしているが、これはおそらく東からの値(本墳は尾根東縁に築かれている)で、県史では西から計り4.5mとしている。


北方の山の神古墳より遠景。中央の尾根上に善光寺平最北の前方後円墳とされる七瀬双子塚古墳がある。この丘陵には24基の古墳が確認されている。


前方部から後円部。大正10年の発掘は学術調査ではなく、主体部は明確にされていない。


後円部から前方部。比高差は約1m。


後円部北側近くに2基の小円墳がある。

(撮影 2009/04)

 返信する