7月 242012
 

沖州古墳群は、沖州農村集落センター周辺の霞ヶ浦を臨む台地上に分布しています。前方後円墳1・前方後方墳1・帆立貝形1・円墳4基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行方市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地現況 出土品、備考 引用

大日塚古墳 前方後円墳(帆立貝形) 墳長約40m、後円部径30m、同高6m、前方部長10m、同高3m 沖州 山林 横穴式石室、円筒埴輪、形象埴輪 玉造町史(1985)、茨城県遺跡地図(2001)


西から。国道が墳丘ぎりぎりをかすめている。三昧塚古墳に後続する6世紀中葉の築造と推定されている。


北向きに横穴式石室が開口。副葬品などは見つかっていない。ここで出土したとされる猿の埴輪は有名。


玄室。奥行3m、幅2m、高さ約2m。雲母片岩の一枚石を組み合わせている。

 
左側壁。

(撮影 2009/03)

 返信する