7月 242012
 

三昧塚は、沖州農村集落センターの北西1kmほどの沖積地にあります。
【アクセス】JR高浜駅から徒歩・自転車7.7km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行方市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地現況 出土品、備考 引用

三昧塚古墳 前方後円墳 墳長85m、後円部径47m、同高8m、前方部幅36.5m、同高6m 沖州 公園 箱式石棺、金銅製冠、金銅垂飾付耳飾、平縁変形四神四獣鏡、短甲、鉄鏃、円筒埴輪、形象埴輪、周溝 現地案内板、玉造町史(1985)、茨城県遺跡地図(2001)


北から。楯形の周溝が巡る低地に築かれた前方後円墳。5世紀後半の築造と推定されている。土取りで半壊の状態であったが、平成17年に古墳公園として復元整備された。


北西台地上から。


昭和31年に緊急調査が行われ、石棺を開くときは大勢の見物人が押しかけたらしい。


前方部から後円部。


後円部から前方部。


後円部上には出土状況を示したパネルが設置されている。


石棺には金銅製の冠を被った成年男性が埋葬されていた。

(撮影 2009/03)


 返信する