2月 132013
 

公津原墳群は、印旛沼東方の成田ニュータウンのある台地上に分布しています。3群(瓢塚古墳群、天王・船塚古墳群、八代台古墳群)約120基からなり、4世紀前半から終末期まで古墳が築造されました(6~7世紀が多い)。うち瓢塚古墳群は、前方後円墳1基、円墳30基、方墳19基からなります。注:現地標柱の番号は古墳群ごとの番号ではなく、保存古墳全体の通し番号です。
【アクセス】JR下総松崎駅から徒歩・自転車2.6km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■成田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
瓢塚41号墳 方墳 17.2×20m 赤坂 台地 周溝、横穴式石室、須恵器、直刀、鉄鏃、轡金具 成田市史


調査後消滅した瓢塚古墳群の1基で、石室は房総風土記の丘資料館脇に移築保存されている。


雲母片岩を組み合わせたもので玄室(内法長1.82m、幅1.13m)と羨道からなる。


玄室。市史では「形態的には横穴式石室であるが、機能的には竪穴式石室と何ら異ならないものと考える。」としている。

(撮影 2010/04)

 返信する