2月 132013
 

上福田古墳群は、印旛沼を西に臨む成田成陵高校周辺の台地上に分布しています。現状で前方後円墳3基、円墳6基、方墳13基が確認されています。
【アクセス】JR下総松崎駅から徒歩・自転車1.6km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■成田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

上福田岩屋古墳(上福田7号墳) 方墳 一辺約34m(37m)、高さ約6m 上福田 台地 横穴式石室 千葉県の歴史資料編考古、(千葉県重要古墳群測量調査報告書)


八坂神社東方の民家裏にある。南東に横穴式石室が開口。副葬品などは知られておらず築造年代は7世紀とは思われるが明確でない。


南東に横穴式石室が開口。前庭部をもつ。入口の閉塞石はすでにないが、130×120cmと推定されている。


玄室奥壁。貝化石混じりの砂岩切石積みで幅2.7m~2.8m、奥行き約2m、高さ約2.4m。T字型のプランも持つ石室で玄室は横長。


奥から。羨道部は玄室より石材2個分低く約2.13m。側壁も同様の切石で持ち送りに積まれ底面で幅74~85cm、上面40~50cm。羨道入口床面は玄室より40cmほど高い。 


右側壁。通常の奥壁のようにみえる。この方向も持ち送りで積まれており天井は非常に狭くなっている。


左側壁。


斜め奥から。 


天井。1.28m×0.4m。

(撮影 2010/04)

  4 コメント

  1. 初めまして のろころと申します。
    今回昇寛様の関東百名穴を参考に上福田岩屋古墳を訪れ、
    石室の3Dモデル化や全周写真(ストリートビューに登録済み)の撮影などを行ってみたのですが、
    実際に行った事のある方の感想を聞いてみたくコメントしたしだいです。

    石室3Dモデル
    https://skfb.ly/BzsB

    暖色も混じったLEDランタンを使用したため色が茶色めに出ていますが、
    説明されているような構造がある程度認識できる気がします。

    近隣の同じ石材を使用した石室が崩落や封鎖で見学できない中で、
    貴重な石室を見ることができました。
    今後も入室ができる百名穴をベースに3Dモデル化を進めようかと思ってます。

     
    • のろころ様、ようこそ。
      ストリートビュー素晴らしいです。実際に石室に入ったみたい。天井石までばっちり見えますね。石室マニア垂涎の技術ではないかと思います。特殊な機材とか必要なのでしょうか。
      3Dモデルも面白いですね。これは測量図とかではなく撮影データから起こしたのでしょうか?石室の特徴がつかみやすく、こちらはよりマニア向けですね。

       
      • ご感想ありがとうございます。
        一応どちらも市販品を使用しています。

        全天球撮影カメラ Theta
        https://theta360.com/ja/

        モバイル3Dスキャナー Structure Sensor +iPadmini
        http://structure.io/

        Thetaは画像はそれほど良くはないですが簡単に全天球の写真を撮影できます。
        Structure Sensor はiPhoneやipadに取り付ける3Dスキャナです。
        パノラマ写真撮影と同じ要領で部屋のサイズや色を測定するアプリを
        石室に転用してみました。

        どちらも本格的なプロ仕様品と比べると精度や画質が劣るのですが、
        比較的安価で持ち運びが楽なので予想以上に重宝しています。

        装飾古墳なんかも撮れるといいなぁと妄想しています。

         
        • Thetaは以前から注目していたのですが、これでストリートビューに加工できるのですね。
          もう少し高感度になったら買ってみたいと思います。
          3Dスキャナーも面白そうですが両方は買えないな。

          またストリートビューに登録したら是非教えてください。

           

showkan へ返信する 返信をやめる