2月 132013
 

上福田古墳群は、印旛沼を西に臨む成田成陵高校周辺の台地上に分布しています。現状で前方後円墳3基、円墳6基、方墳13基が確認されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
上福田13号墳 方墳 一辺約20m、高さ約2.4m 下福田 台地 横穴式石室、須恵器 千葉県の歴史資料編考古、(千葉県重要古墳群測量調査報告書)


西から。1987・88年に県道用地にかかり発掘調査が行われている。主体部は龍角寺岩屋古墳や上福田岩屋古墳と同じく貝化石混じりの凝灰質砂岩で構築された両袖型横穴式石室。出土した須恵器は7世紀後半のものと考えられ、葬送儀礼に用いられたものと推定されている。石室は調査後に盛土保存された。

(撮影 2011/11)

 返信する