2月 132013
 

公津原墳群は、印旛沼東方の成田ニュータウンのある台地上に分布しています。3群(瓢塚古墳群、天王・船塚古墳群、八代台古墳群)約120基からなり、4世紀前半から終末期まで古墳が築造されました(6~7世紀が多い)。うち天王・船塚古墳群は、前方後方墳?1基、前方後円墳3基、円墳30基、方墳9基からなります。注:現地標柱の番号は古墳群ごとの番号ではなく、保存古墳全体の通し番号です。
【アクセス】JR成田駅から徒歩・自転車2.5km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■成田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
船塚古墳公津原8号墳、天王船塚1号墳 長方形墳(前方後方墳) 86×53m(全長85m、高さ7m) 赤坂 台地 周溝、埴輪 千葉県重要古墳群測量調査報告書(現地標柱)


北から。天王・船塚古墳群の北端に位置し、市域最大規模の古墳。現在赤坂公園内に現状保存されている。従来前方後方墳と考えられてきたが、くびれが非常に少ないことなどから異論も多く、「千葉県の歴史」では「現状では長方墳としか形容できない」としている。さらに「墳丘では埴輪片が採集でき、現状では6世紀初頭の資料の可能性が高い。本来の墳丘は前方後方墳であった可能性が高いが、埴輪から見いだせる時期とその墳形の組み合わせは問題が残る。」としている。


北東から。昭和30年代の調査文献では箱式石棺・直刀・人骨の存在が記されている。


前方部?から後方部?。


後方部?から前方部?。

(撮影 2010/04)

 返信する