2月 132013
 

公津原墳群は、印旛沼東方の成田ニュータウンのある台地上に分布しています。3群(瓢塚古墳群、天王・船塚古墳群、八代台古墳群)約120基からなり、4世紀前半から終末期まで古墳が築造されました(6~7世紀が多い)。うち天王・船塚古墳群は、前方後方墳?1基、前方後円墳3基、円墳30基、方墳9基からなります。注:現地標柱の番号は古墳群ごとの番号ではなく、保存古墳全体の通し番号です。
【アクセス】京成スカイアクセス成田湯川駅から徒歩・自転車3.1km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■成田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
公津原39号墳、天王・船塚27号墳 方墳 復元36×36m、(一辺36mm、高さ5m) 舟形 台地 横穴式石室、 千葉県重要古墳群測量調査報告書(現地標柱)


西から。群から西へやや離れた麻賀多神社境内に残る方墳。群中数ある方墳の中で最大規模。


墳頂。伊都許利命墳墓との伝承がある。が、7世紀後半以降の築造と推定されている。


墳丘西裾にある雲母片岩を用いた箱式石棺。手前の側壁は長さ2.1m、暑さ6cm。天井石は幅約1m、厚さ16cmの板石2枚。


上から。この石棺から出土したとされる鉄刀・桂甲小札・鉄鏃・石製模造品などが神社に伝えられているそうである。


南向きに単室両袖型の横穴式石室が開口。以前は人が出入りできたようだが、現在はわずかなすきましかなくデジカメを挿し込んでやっと撮影した。平成3年の実測調査によると。軟質凝灰岩の切石積で玄室長3.34m、奥壁幅1.68m、前壁幅1.14m。


この石材について成田市史に次のような記述がある。(P.440宗吾・飯仲古墳群の項)「里人の話によると宅地造成その他で、本古墳群中10基の古墳が破壊されてしまった経緯があり、検出された石棺の天井石、側壁等が、船形の麻賀多神社境内に並べられている絹雲母片岩であるという。宗吾霊堂にもその一部が保管されている。」

(撮影 2010/04)

 返信する