12月 082012
 

中塚古墳は、赤城山南麓の通称松原峯と呼ばれる丘陵の東南緩傾斜面に築かれています。
【アクセス】上毛電鉄新里駅から徒歩・自転車1.1km、駐車場無し、見学自由(2013年12月現在石室立入禁止) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■桐生市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

中塚古墳 円墳 直径約38m、高さ約5m 新川字久保井 丘陵、台地 横穴式石室、周堀 現地案内板


北西から。こちらからみると状態が良さそうだがまわりはかなり削られている。


南向きに開口する横穴式石室


羨道

玄室。安山岩の截石切組積による精巧な造り。石材が黒ずんでいるのはかつてホームレスが住み着いていたためらしい。


奥から外。両袖型。石材を複雑組み合わせた玄門。


奥壁。同村にある長者塚古墳と石室のつくりが類似している。


羨道部を奥から。

(現地案内板より)

昭和54年10月2日指定
所在地 大字新川字久保井2592

この古墳は、標高約200mの丘陵性台地上に立地し、直径約38mで周堀をめぐらす円墳である。墳丘は約5mであるが、まわりが削られ、石室はかなり以前から開口されていたようである。そのため、出土遺物については一切不明である。
安山岩の截石切組積による横穴式両袖型石室で羨門・玄門を備えている。古墳時代末期(7世紀後半)の構築とされている。羨道の幅1.31m、長さ(左)3.1m、(右)3.14m、玄門の幅1.02m、玄室中央の幅1.76m、長さ(左4.16m、(右)4.28m、全長7.67mである。
高崎市山名にある山の上古墳の墓誌として知られる上野三碑の一つ「山上碑」は、長利が母の埋葬にあたり記したものであるが、その碑文には新川臣との婚姻関係、佐野の三家建守命の孫黒目刀自と大胡臣との婚姻や系譜が刻まれており、古代史上重要なものである。
石碑に記された辛巳歳は、681年と推定されている。
新川臣はその頃、この付近一帯を支配した権力者で、中塚古墳は新川臣の墳墓と考えられている。
平成5年3月
群馬県教育委員会
桐生市教育委員会

(撮影 2003/11)

 返信する