12月 082012
 

天神古墳は、赤城山南麓の鏑木川右岸の緩傾斜地にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■桐生市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

天神古墳 円墳 直径42m、高さ3m(推定) 小林 学校敷地 横穴式石室、周堀、鉄刀2振、金環9個、丸玉50個、鉄鏃、須恵器、円筒埴輪、家形埴輪,鞆形埴輪、人物埴輪頭部等 現地案内板

南から。中央小学校の敷地内に整備保存されている。北側は道路で大きく削られている。

南向きに開口する横穴式石室

羨道。下の石が框石か?

玄室。輝石安山岩の自然石乱石積。

(現地案内板より)

小林天神古墳 桐生市指定史跡

天神古墳は、別名天神山古墳とも呼ばれ、かつて墳丘上に天神様がまつられていていたことからこの名前を残している。昭和10年の県下古墳一斉調査の際には、村内に残る代表的な古墳のひとつとして、桐生市1号墳に指定されている。墳丘は、北側が現在道路により削られているものの、本来は直径42m、高さ3mの規模を有する円墳であったと推定される。周囲には幅4mの周溝が巡らされており、盛土は2段に築成され、葺き石は存在しない。基壇面には埴輪円筒列が盛土の周囲を囲繞していた。埋葬主体部は横穴式袖無型石室で、昭和初期に開墾により開かれた。石材には付近で産出する輝石安山岩を使用し、自然石乱石積で墳丘南側に開口していた。全長6.4mで、入口から奥へ2.8mの位置に長径38cmの框石が設けられ、羨道部と玄室部を区画していた。遺体の埋葬された玄室は長さ3.6mで、羨道部よりも1段下がって構築されている。石室内から副葬品として鉄刀2振、金環9個、丸玉50個、鉄鏃、須恵器等が出土している。墳丘上からは円筒埴輪のほか、家形埴輪,鞆形埴輪、人物埴輪頭部等が出土しており、家形埴輪は現在、東京国立博物館に所蔵されている。
1996年
桐生市教育委員会

(撮影 2003/11)

  2 コメント

  1. 拙ブログの新作コミックの準備取材で来週桐生市へ出かけるついでに近くの古墳にも寄りたいと考えておりますが、ご紹介の「マッピングぐんま」では新里駅付近だけ見ても随分古墳が記載されておりますが、体感的には埼群古墳館ご紹介の古墳以外は行っても見つからないレベルのものが多いのでしょうか?
    なるべく効率良くまわりたいと考えておりますのでアドバイスなどいただけると幸いです。

     
    • こんにちは。
      旧新里村は一応ほとんど巡ってみましたが、宅地内や見通しの悪いところはパスしていますので、見逃しがけっこうあるかもしれません。
      以下の古墳はHPに未掲載ですが現存を確認しています。
      山上12号墳、宿西古墳、薬師様古墳

      なお天神古墳の石室は現在塞がれており見学はできないと思います。

       

 返信する