9月 052014
 

本古墳は、東熊堂自治会館北側近くにあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
高尾山古墳(辻畑古墳)前方後方墳 墳長約62m、後方部長約31m、前方部長約30m、高さ約4.7m 西熊堂 台地 木棺直葬・鏡・槍・鉄鏃・槍鉋・勾玉 沼津市文化財センター

takao1

南から。道路建設のため発掘調査が行われ、古墳時代初め頃の前方後方墳と判明した。周溝から出土した高坏が230年頃のものと考えられることからこの頃の築造とする説がある。もしこの時期なら東日本最古級の古墳ということになる。その後2014年に追加調査が行われ「墳丘から出土した2千点の土器は230年ごろのものが大半で、それ以前のものが見つかっていないことから、墳丘の築造時期は同年ごろと判断した。埋葬時期は副葬品として250年ごろの鉄製のやじりが見つかっていることから、同年ごろとした。主体部周辺から見つかっていた230年ごろの土器は埋葬時に混入したと結論付けた。」(沼津市教育委員会発表・静岡新聞2014/08/28記事より)

takao2

北東から後方部。以前は墳頂に熊野神社があった。(現在は隣接地に移転)この中央部付近から舟形木棺と見られる主体部が発見された。

takao3

括れ部。すぐ北側まで新しい道路が完成しているが果たして保存されるのであろうか。

(撮影 2014/01)

  18 コメント

  1. 沼津市住民です。市は道路建設を強行するためか
    現在の保管状態は最悪です!
    ブルーシートで被ってはいますが、草茫々で
    立ち入り禁止になっていないので、夜通ると
    心無い若者が古墳の上に登り、煙草を吸っていたり
    踏みつけて遊んでいたり・・・
    注意をしても聞く耳を持ちません。哀しいです。
    市内で反対運動をしている人を探していますが
    見つかりません。
    市役所に何度も電話していますが・・・
    どうしたら保存できるか、保存に向けての
    今からでも道路建設反対運動をしたいのですが
    どなたかアドバイスをお願いします。

     
  2. 返信の途中で、手違いがあり送信してしまったようです。今朝の読売新聞「文化欄」で問題の重要性を知りました。
    同じ県民としても応援いたしたく、メール差し上げました。沼津市民ではありませんが、県民の一人として応援いたしたく思います。生活の利便性のみ求めて、かけがえのない文化資産を葬るのは、文化の否定です。許しがたき暴挙です。そのような行為が許されるのでしょうか。

     
  3. 考古学会は保存するべきとの意見を表明しましたが、行政は聞く耳もたずで古墳は破壊されてしまうようですね。
    私は地元民ではないのでこの道路の重要性がどんなものかわかりませんが、大変残念なことだと思います。

     
    • この道路ができると今、渋滞している交差点が車がすくなくなります
      ところがこの交差点が渋滞します
      渋滞する場所がかわるだけだと思います・・

       
  4. 沼津市民です。このまちは目先の利便性のみを追求し、とくに歴史、文化を大切にしない。そのつけが、住民の流出や街の衰退になどにあらわれているのではないでしょうか。

     
  5. お隣りの清水町民です、今朝TVで知りました。
    行政はこっそり進めて、いきなり公表してゴリ押しするのが得意ですから…

    計画の詳細は知りませんが期限が近いなら、TVの「噂の現場」とかに投書して広く全国に知って貰ってはいかがですか?

     
  6. 本日見に行きました。
    道路が敷地間近まで出来ていますね。現状はこちらの写真と大差なく見えます。

     
  7. 神奈川県葉山町と逗子市の山の稜線にある長柄桜山古墳群の古墳をまもる会で発掘まもなくの高尾山古墳を見学しました。その日は雨で
    沼津の教育委員会の担当者から古墳の重要性の説明を伺いました。雨足がひどくなってずぶ濡れになっても熱心に説明してくれる担当者に感謝したことを未だに忘れる事はできません。
    いずれ道路工事が始まり消滅するようなことも聞きましたので 「まぼろしの古墳」にならないように 何らかの形で是非保存してい戴きたいとお願いしてきましたが・・・・・・

     
  8. 今日7月11日の読売新聞の朝刊に講演会「高尾山古墳を知ろう」開催という記事が載っていましたので、さっそく行ってみました。思っていた以上に参加者が多く、市民の関心の高さに安心しました。講演は静大教授のいかに高尾山古墳が貴重かというものでした。会の最後に「高尾山古墳を守る市民の会」の会長さんが栗原市長に保存を訴えたところ、市民から保存を望む声が上がらないので・・・という発言があったそうです。
    市民が望まなかったら歴史的に貴重な文化財を壊してもいいというのでしょうか?空いた口がふさがりませんでした。
    今日の講演は「高尾山古墳を守る市民の会」「高尾山古墳を考える会」「高尾山古墳の保存を望む会」の協力で実現したそうです。
    市民運動はこれから盛り上がっていくはずです。全国のみなさん署名活動にご協力ください。高尾山古墳は地域の宝ではなく、国の宝です。

     
  9. 私も講演会に参加しました。
    幼少の時から11月に行われる高尾山のお祭りを楽しみにしていましたが、
    あのお祭りやおなじみの場所にあんなものがあったなんで驚きです。
    また、自分の一生にこんな機会にめぐりあうことはおそらくないと思います。
    街頭署名が、7月20日の10時~沼津駅南口周辺で行われるそうです。 

     
  10. 私も7月11日の説明会に行ってきました

    あいた口がふさがらなかった・・・・
    守る会の会長さんが何かの会合に行っていたそうですがその会合の後で会合に来ていた人から
    「~~さん頑張ってと言われた!!」そうです・・・・

    その昔”小樽人”は小樽運河が道路計画で埋め立てられそうになったが”小樽人として”
    運河は貴重な財産といって埋め立てに反対したそうです
    それが残ったおかげで今の小樽がありますよね
    TVで放送していました

    沼津は古墳の問題をその地区地域の問題としてとらえているようです
    沼津・静岡・日本全体として考えていきましょう

    沼津繁栄の財産になりますように!!

     
  11. TBSで取り上げていたが、市の意向でどこにでもなるそうな。国、県は形でしか関わらないならそんな
    に大切なものでもないように思えた。
    本当に国の宝として重要なものなら市に一任みたいなことにはならないだろう。
    住民は古墳を迷惑施設としてしか見ていない。地域住民の利便のために古墳は壊されるんだろうね。

     
  12. 最近訪れた茨城の舟塚山古墳や群馬の白石稲荷山古墳は大変良く整備保存されています。後世にこのような形で伝えることは今の私たちの責任です。私の栃木でも古墳の下に道路を作り古墳を保存したところもあります。辻畑古墳も是非保存を検討してください。

     
  13.  私は裾野の住民ですが、高校は沼津(当時は丸子町)、家内の実家も沼津。それだけに、やはり地元意識が強いです。
     さて、昨日、ついでがあって片浜小の隣にある資料館に行ってきました。この古墳から出土した銅鏡が見たかったからです。
     もし、この銅鏡が邪馬台国の卑弥呼が魏の王からもらったといわれている「三角縁神獣鏡」であったら、この王は大変な大王であるわけです。そんな好奇心・野次馬根性で、どうしても見たかったのです。
     さて、卑弥呼の銅鏡は直径がおよそ20センチほど。高尾山のものはだいぶ小型だが、でも学芸員さんの説明では大陸製だとのこと。その時代に、これだけの外国製のものを手にできる人物は、それこそ東海、駿河の「大王格」であったろうと私は推測する。だから、ただの土塁であっても、偉大な先人の遺物であり、後世に残すべきものだと私は思う。

     
  14. 以前、仕事で宇都宮に居たとき、塚山古墳群(旧兵庫塚古墳)の近くに住んでいました。
    ここは、宇都宮の環状線(国道121号)はトンネルで地下を横切る様にしています。
    高尾山古墳も地下トンネルにすべきと思います。古墳の地下はそんなに深くまでは
    遺物が残っているとは考えられません。
    費用は平地よりも掛かると思いますが、関東で最古と思われる古墳は、歴史的価値を尊重して、
    国や県の補助も仰いで地下トンネルにすれば、道路と文化遺産の共存が可能です。
    この声をどなたか、有識者会議に届けて頂けるとありがたいと思います。
    また、協力が出来ることがあれば声を掛けてください。
    県内各地にも呼びかけて下さい。

     
  15. ここにきて道路計画の見直しをするとの市長判断。
    確かに史跡の保存は重要であるが、本当に現在位置での現状保存が重要なのか???
    すでにかなり破壊が進んでいること、大和朝廷(日本史の中心)に直結していない古墳であり歴史的重要度について疑問であることから考えるときちんと発掘調査してデータを残す処理をすれば十分ではないか。
    この場所は246に直結する道路であり、愛鷹運動公園、免許センターへの入り口で都市計画上重要なポイントである。
    特に災害発生時愛鷹運動公園は救援場所になると思われ、沼津市防災上の拠点である。現状では大型車の通行は制約されており物資搬送上の課題もある。住民が安心して住める町にするためにはこのような視点からも考えることが必要である。
    今回の問題は沼津市が都市計画の整備に対する意思決定ができていないことである。(ポリシーがない)沼津市をどのような街にしたいのか。
    古墳は残った。そして若者はいなくなった。ということにならないか・・・

     
  16. 皆様、多くのご意見ありがとうございます。
    スレッドが長くなってきましたのでこの記事への投稿は停止させていただきます。
    今後は、埼群古墳館掲示板への投稿をご利用ください。

     

現在コメント投稿は停止しております。