12月 112012
 

奈良古墳群は、薄根川(利根川の支流)中流域の河岸段丘上に分布する群集墳です。59基が確認されていますが現在16基程度が残っているだけです。1955年に発掘調査された古墳は、埋葬施設は割石を多用した自然石乱石積の横穴式石室で、直刀、鉄鏃の武器類、轡、鐙、杏葉などの馬具類、耳環、玉類などの装身具類が出土しています。榛名山二ツ岳の噴火の軽石層上に構築されていることなどから7世紀中葉から8世紀前半にかけて築造されたものと推定されます。古墳No.は(「沼田市史」を参考)1993年の群馬大学梅沢研究室の調査時のもの、()内は上毛古墳綜覧のものです。写真は2005/04撮影で、史跡公園としての整備中でした。
【アクセス】JR沼田駅から徒歩・自転車5.5km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

奈良2号墳 円墳 東西径13.0m、南北径11.5m、高さ3.07m(南側裾部)、2.64m(北側裾部) 奈良 横穴式石室、須恵器片 沼田市史,まいぶん群馬HP

墳丘はかなり崩れている。1号墳と類似点が多く7世紀後半の築造と推定されている。石室は南南西向きに開口し全長4.64m。天井石は露出。

羨道。玄門に扉石が残っている。以前は農作業等で貯蔵穴として利用されていたらしい。羨道長2.15m、幅0.97m~1.09m、高さ0.65m~0.90m。

玄室。大ぶりの割石と転石を使用した通し積み。ほぼ矩形のプラン。1号墳と同様割石の平滑面が壁面に出るようにして一部加工がみられる。

両袖型。天井石の一部がなくなっている。1号墳と同じく羨道と玄室の幅・高さ比は2分の1で共通する点が多い。玄室長2.49m、幅1.85m、高さ1.60m。

(撮影 2005/04)

 返信する