12月 122012
 

稲荷塚古墳は、赤城山南麓の標高150mほどの台地上に築かれています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧大胡町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

稲荷塚古墳 円墳 直径25m以上 上大屋字八ヶ峯 台地 周堀 現地案内板

南から。神社として利用されている。

東から。大胡町では墳丘が良く残っているものは希少。

(現地案内板より)

大胡町指定史跡
稲荷塚古墳
所在地 大胡町上大屋字八ヶ峯207

昭和10年に群馬県下所在の古墳の一斉調査が実施され、その際に大胡町では42基の古墳が数え上げられている。古墳の分布が特に多いのは横沢、茂木、堀越地区であるが、これらの古墳は現在そのほとんどが削平され、形をとどめているものはごくわずかである。その中にあって、この古墳はその原型を良く残している唯一のものであり、貴重である。
古墳の形は円形(円墳)で、直径25m以上のものである。墳丘のまわりには周堀がめぐらされていると考えられるので、それを入れると直径30mはこえるものと推測される。遺体を納めた内部構造は未調査のため明らかでないが、横穴式石室ではなかろうか。
大胡町教育委員会

(撮影 2003/11)

 返信する