10月 242012
 

本古墳は、片岡丘陵と友田山の間の小丘頂部に築かれています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

茶臼山第1号古墳 円墳 径28m、高さ4.23m 富田 丘陵 横穴式石室 大平町史、現地案内板


付近に分布する古墳群の主墳と見られており、古墳時代後期の築造と推定されている。右下の石は破壊された羨道部の天井石と見られている。

 
羨道部。天井面で幅0.9m。床面はかなり埋まっている。

古墳時代後期頃の構築と推定されている。両袖型石積古墳、石積はアーチ型、石室は珪岩で造られている。石室の軸は南東南ー北西北である。玄室入口の形態は日本神道・鳥居の貫の先駆をなすものと想像される。
墳丘 高4.23m 直径28m
大平町教育委員会 大平町文化財保護審議会
(現地案内板より)

(撮影 2005/12)

 返信する