12月 132012
 

吉沢諏訪神社古墳は、国道50号線原宿南交差点の西側、休泊堀用水路と矢場川の分岐する細長い台地上に位置します。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■太田市旧太田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品・備考 引用

吉沢諏訪神社古墳(毛里田村第3号墳) 円墳 直径25m、高さ4m 吉沢字流作場 台地 横穴式石室 太田市史

北から。全長90mの前方後円墳と考えられていたが、昭和57年に神社南側が発掘調査され、神社の円丘部分のみの円墳とわかった。

南から。神社南側からは、古墳時代後期の集落と埴輪棺1基が検出された。

墳丘を削って建てられた神社社殿

社殿裏の横穴式石室裏込めの石積。古墳時代後期の築造と推定される。

資料 太田市史原始古代編

(撮影 2003/05)

  One Response

  1. 現在古墳の後方はおおた渡良瀬産業団地の造成工事が行われています。
    古墳は残されることになっていますが、周辺は背の高い囲いが設置されて、背景の水田と山は過去のものとなってしまいました。

     

 返信する