12月 132012
 

本古墳は、南中学校の南西近くにあります。
【アクセス】東武線細谷駅から徒歩・自転車3.3km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■太田市旧太田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

朝子塚古墳 前方後円墳 全長123.5m、後円部径62m、同高11.8m、前方部長さ62m、同幅48m、同高6.8m 牛沢町 形象埴輪(家形、盾形、壺形)、円筒埴輪(器台、普通、朝顔形)、須恵器 太田市史、現地案内板


南から。太田市の古墳時代前期を代表する前方後円墳。


北東から。撥形の前方部をもち墳丘と相似形の周溝が廻る。主体部は竪穴式石室と考えられ、4世紀末~5世紀初頭の築造と推定されている。(2015/12追記。さいたま史跡の博物館の古墳編年パネルによると4世紀中頃の築造。)


北西から後円部。


墳頂は径16mほどの平坦面となっており社が建立されている。

(撮影 2007/04)

  One Response

  1.  昭和四十八年の古墳の話の表紙がこれでしたが、前方部は茶畑、南側斜面は下刈りがしてあってきれいに見えます。

     

 返信する