3月 242015
 

飯塚古墳群(小山市)は、思川と姿川に挟まれた台地上に分布しています。かつて40基以上の古墳があったといわれています。(思川近くの群集墳と琵琶塚・摩利支天塚は築造年代に隔たりがあるが、ここでは広義の飯塚古墳群とした。)
【アクセス】JR小金井駅から徒歩・自転車4.4km、駐車場有、見学自由★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

琵琶塚古墳 前方後円墳 全長約124.8m、前方部幅約70m、高さ約9m、後円部直径約75m、高さ約11m 飯塚 台地 円筒埴輪、形象埴輪、土師器 小山市HP、探訪とちぎの古墳、現地説明会資料

biwa1
南東から。左が前方部、右が後円部。県内最大級の前方後円墳で隣接する摩利支天塚古墳に後続する6世紀前半の築造と推定されている。(近年の調査で吾妻古墳の墳丘長が127.85mと判明し琵琶塚は県内2位となった。)史跡整備のため発掘調査が行われ平成27年3月に現地説明会が開催された。

biwa15

盾形に巡る二重の周溝をもち、中堤が良く残っている。

biwa16

後円部墳丘は3段築成。今回の調査で墳長124.8mであることが判明した(従来は123m)。

biwa17

第1段テラス面の埴輪列。円筒埴輪と他に朝顔形埴輪が数本置きに密に並べられ、墳丘を全周するものと推定されている。

biwa18

第2段テラス面の円筒埴輪。こちらも埴輪列が全周するものとみられる。また墳頂から落ち込んだ埴輪片もみられ、墳頂にも埴輪が建てられていたものと考えられている。形象埴輪はまだ発見されていないが、ある可能性が高いとのこと。

biwa19

後円部墳頂。熊野神社を祀る。主体部はまだ発見されていないが、平坦面が少ないことから竪穴系ではなく横穴系ではないかとのこと。

biwa20

後円部から前方部

biwa21

前方部から後円部

biwa30

南から前方部。こちらは2段築成。今後、摩利支天塚古墳と合わせて公園として整備されるそうである。

biwa31

前方部の埴輪列

biwa32

平成26年度の調査で出土した円筒埴輪。○や×といった記号?が見られる。何を示すのかは判然としないが、埴輪窯を示すとか並べる場所を示すと考えるのも楽しい。

biwa33
現地説明会資料より

琵琶塚古墳は県内最大の前方後円墳です。古墳の形状や出土した円筒埴輪などから、隣接する摩利支天塚古墳に次いで、6世紀の前半に築造されたものと考えられています。
墳丘は、自然地形の地ぶくれを利用して基壇を設け、さらに2段の土盛をすることによって構築されています。また、墳丘のまわりには幅およそ20mの壮大な周溝が存在しており、調査の結果、東側と南側では二重にめぐらされていることがわかりました。
 琵琶塚古墳をはじめとし、思川、姿川の川筋には、強大な首長が葬られたと思われる大形古墳が散在しています。この地域は、遠く大和朝廷の時代に、下毛野国を代表する首長達の活躍の舞台になったことがうかがわれます。

栃木県教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2014/04,2015/03)


  2 コメント

  1. 形象埴輪は楽しみであります。
    現地説明会資料の図を見ると、東側のくびれ部のあたりの内堀は、
    ずいぶん広くなっているのでありますね。

     
    • これだけの規模ですからどこかに大量の形象埴輪があるのではないかと期待してます。

      内堀の形状については解説はなかったですね。元々の地盤のレベルが東の方が低かったせいかなと想像してますが、本当のところはどうなんでしょうね。

       

 返信する