10月 272012
 

飯塚古墳群(小山市)は、思川と姿川に挟まれた台地上に分布しています。かつて40基以上の古墳があったといわれています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

飯塚35号墳 前方後円墳 後円部径約31m、高さ約4.5m、全長40m越 飯塚 横穴式石室、埴輪片、土師器片 小山市HP、探訪とちぎの古墳


北東から。手前が前方部、奥が後円部。県道18号と琵琶塚へ至る道とのT字路角にある。

この古墳は、飯塚古墳群の中の一つで、後円部の径約31m、高さ約4.5m、全長40mを越す前方後円墳である。
墳丘の裾の部分で、北側は道路により、南側と西側は建物を建てる際に削られており、周囲から埴輪や土師器の破片が採集されたこともあるが、古墳全体が雑木や竹で覆われていたため墳丘内部の保存状態は比較的良好である。墳丘の南側に石室のものと思われる石が出土しており、内部は横穴式石室と考えられる。
飯塚古墳群は大部分が台地上に分布していて耕地化のため破壊されてしまったが、この古墳は台地の周辺部で沖積地と接する所に位置し、近くにある国指定史跡の琵琶塚・摩利支天塚古墳との関連においても貴重である。
小山市教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2005/12)

  One Response

  1. 自分も現状から手前が前方部と思っていましたが資料だと逆向きなので確認しました。実際は西向きの前方後円墳で、白い車の場所でコンクリートの断面がありますが、墳丘の端を削ったのではなくくびれ部で前方部を削平して民家を建てたものでした。だからどの分布図でも丸で表記されてるみたいですね。

     

 返信する