10月 272012
 

千駄塚古墳は、間々田郵便局の来た500mほどの思川段丘上にあります。
【アクセス】JR間々田駅から徒歩・自転車3.2km、駐車場スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

千駄塚古墳(浅間山古墳) 円墳 径約70m、高さ約10m 千駄塚 台地 小山市史、現地案愛版


南西から。2段築成の大型円墳。かつて付近にはいくつかの古墳があり千駄塚古墳群を形成していたが残るのは主墳の千駄塚古墳のみ。


南から。この地方の大型円墳によく見られる広い基壇面をもつ。


2段目はかなり急勾配。頂部には浅間神社社殿がある。

この古墳は、墳頂の平坦部に浅間神社を祀っているので、別名浅間山古墳とも呼ばれている大形の円墳である。
墳丘の直径は約70m、高さ約10mで、墳丘裾部から約3m立ち上がったところに幅7-8mの平坦な段築面があることから、二段築成である。
円錐形の形をした墳丘の周囲には、幅15-20mほどの周溝がみられ、その外側にある周庭帯は周溝がよく残っている西側と北側に認められる。
内部主体が未調査であるため築造年代は不詳であるが、6世紀代のものという見方がつよい。
栃木県教育委員会 小山市教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2005/12)

  One Response

  1. 私は1947年に間々田小学校5年生に編入し、翌年1948年に卒業した前田明夫です。この在学中に戦後作られた歴史教科書「くにのあゆみ」で歴史を学び、縄文時代、弥生時代と言う言葉を初めて知りました。そこで興味をもったためか細い裏道で矢じりや土器の破片を拾いました。この千駄塚の記事を読んであの頃のことを思い出し投稿しました。学校から思川に至る広い河川敷にある田んぼに水を供給する泉が湧き出ていた光景が頭に浮かんできます。

     

 返信する