10月 302015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅61号墳 円墳 梁 台地 埴輪 現地説明会資料
西高椅62号墳 円墳 南北9.4m、東西8.1m 梁 台地 管玉・刀子 現地説明会資料

 taka61_1

61号墳。埴輪を持つ円墳。

taka61_2

出土した大刀形埴輪。

taka62_1

62号墳。27年度調査で最小の円墳。主体部は中央に見える土坑墓で管玉・刀子が出土した。中期の築造と推定されている。

taka62_2

出土した管玉。

(撮影 2015/10)

  2 コメント

  1. 管玉、輝きもみごとですね。
    穴一つ開けるのに、何日かかったことでしょう。

     

 返信する