2月 132013
 

龍角寺古墳群は、印旛沼を南に臨む台地上に分布しています。113基(前方後円墳37基、円墳70基、方墳6基)からなり、その多くは千葉県立房総の村敷地内にあり整備保存されています。主に後期以降に築造された古墳群です。
【アクセス】JR下総松崎駅から徒歩・自転車2.0km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■栄町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
岩屋古墳(龍角寺105号墳) 方墳 一辺78m、高さ13.2m 栄町龍角寺 台地 横穴式石室、周溝 千葉県の歴史資料編考古、現地説明会資料、現地案内板


南東から。群の東端付近にあり、方墳としては全国第2位(終末期方墳では1位)の規模を誇る。


西から。3段築成の状態の良い墳丘が残る。群中の浅間山古墳に後続する7世紀中頃の築造と推定されている。


南側に開口する2基の横穴式石室をもち、「千葉県の歴史」では「2基とも単室構造の両袖型横穴式石室」としている。また「東石室の玄門外側には、片岩の板石などが埋没していたが、羨道部が存在するかどうか不明」とのこと。


東石室。崩落の怖れがあるため閉鎖中。構造や石材は共通。全長約7m、幅約2m、高さ3.5mで西石室より大きい。両石室とも古くから開口し、副葬品などは知られていない。


2011年に南側周溝の確認と東石室手前部分の調査が行われ現地説明かが開催された。東石室は現状玄室が見られる(内部は砂が充填され観察できませんが)のみだが、新たに羨道と前庭部が確認された。玄室は貝化石混じりの砂岩で構築されているが、これらは雲母片岩が使用されている。

現地説明会(ブログ)


西石室玄室。全長約5m、幅1.7m、高さ約2.5m。貝化石を含む凝灰質砂岩の切石積。奥壁に沿って片岩の棺台が設けられている。墳丘規模からすると長さ方向が小さいという印象を受ける。 


玄室棺台と奥壁。


奥から。 

(撮影 2010/04及び2011/11)


 返信する