2月 132013
 

龍角寺古墳群は、印旛沼を南に臨む台地上に分布しています。113基(前方後円墳37基、円墳70基、方墳6基)からなり、その多くは千葉県立房総の村敷地内にあり整備保存されています。主に後期以降に築造された古墳群です。
【アクセス】JR下総松崎駅から徒歩・自転車2.3km、公園駐車場、見学自由(石室内立入要許可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■栄町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
みそ岩屋古墳(龍角寺105号墳) 方墳 一辺35m、高さ4.7m 栄町龍角寺 台地 横穴式石室、周溝 千葉県の歴史資料編考古、現地案内板


西から。岩屋古墳の北方に位置する3段築成の方墳。西側の街道沿いには中近世に築かれた多くの塚が並んでおり、写真中央と右端に見える庚申塚もその塚である。


南東向きに開口する全長4.58mの横穴式石室。「千葉県の歴史」では「玄室と羨道からなる単室構造の両袖型」としている。副葬品などは知られていない。


玄室。玄室長3.14m、奥壁下部幅約2m、奥高さ約2m。貝化石混じりの凝灰質砂岩の切石積。 


奥から。側壁は小さな切石を9段に持ち送りに積んでいる。 

(撮影 2010/04)

 返信する