7月 262012
 

小金井古墳群は、猿山集落センターの西南西400mほどの台地縁辺に分布しています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

小金井1号墳 円墳 径約20m、高さ約4m 長井戸字小金井 台地 周溝 下総境の生活史資料編原始古代中世(2004)


西から。台地の端部にある林の中に2基の円墳が現存。かつて10基前後の古墳があったという聞き取りによる調査報告(昭和37年、石塚氏)もあるが現存するのは2基のみ。2号墳は墳丘の大部分が破壊されているとのことで、また藪が深く見つけられなかった。

 
東から。周溝跡が巡り良好な墳丘。出土遺物などはないが、この南西側近くからは、古墳時代中期の住居に伴うとみられる土師器が出土している。またさきの聞き取り調査では「(現存2基の)近くにあった古墳からは軽石で組まれた室から人骨や直刀などが出たという。」とある。

(撮影 2007/12)

 返信する