2月 142013
 

蕪木古墳群は、松尾運動公園周辺の台地上に分布しています。前方後円墳4、円墳15基からなります。
【アクセス】JR松尾駅から徒歩・自転車1.5km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■山武市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
朝日ノ岡古墳 前方後円墳 墳長76m、後円部径48m、同高約6.2m、前方部幅40m、同高約6.2m 蕪木旭ノ岡ほか 台地 円筒埴輪、形象埴輪、横穴式石室、須恵器、土師器、管玉 千葉県の歴史資料編考古


北西から。右手前が前方部隅、左奥が後円部。蕪木八幡神社境内にある。楯形で二重の周溝が巡り、6世紀後半の築造と推定されている。


南東から後円部。南側括れ部付近を社殿造営で削られているが他はよく残っている。


西から前方部。1952年の調査報告で、主体部は、床はセンを平敷きし粘土壁面を焚き火してかためた焼粘土槨とでもいうべき石室、としているが、「千葉県の歴史」では軟砂岩切石積の横穴式石室と考えたほうが妥当、としている。


後円部から前方部。


前方部から後円部。

(撮影 2011/02)

 返信する