2月 142013
 

蕪木古墳群は、松尾運動公園周辺の台地上に分布しています。前方後円墳4、円墳15基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■山武市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
蕪木5号墳 前方後円墳 墳長47m、後円部径20m、同高4m、前方部幅20m、同高4m 蕪木旭ノ岡ほか 台地 横穴式石室、須恵器、直刀、刀子、銅製馬具、鉄製雲珠・辻金具・鋲片、金銅製耳輪・巾着形容器、瑠璃小玉 千葉県の歴史資料編考古


北西から。左が後円部、右が前方部。主体部は括れ部に開口する横穴式石室で、羨道(1.09m)・前室(2.64m)・玄室(2.31m)からなる複室構造。6世紀末葉の築造と推定されている。


北から後円部。石室は埋まってしまったのか観察できなかった。


南西から前方部。

(撮影 2011/02)

 返信する