2月 142013
 

大堤権現塚古墳群は、松尾高校南西の木戸川谷間口付近台地上に分布しています。前方後円墳2、円墳4基からなります。
【アクセス】JR松尾駅から徒歩・自転車1.5km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■山武市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大堤権現塚古墳 前方後円墳 墳長115m、後円部径55~60m、同高12m、前方部幅53m、同高10m 大堤字宮前 台地 周溝、横穴式石室、頭椎大刀、圭頭大刀、勾玉、ガラス玉、小玉、金銅製耳輪 千葉県の歴史資料編考古


南東から。三重楯型の周溝が巡る大型の前方後円墳。周溝を含めた全長は174m。「千葉県の歴史」では6世紀後半~7世紀初頭の築造と推定している。


東から。右手前が後円部。前方部端が箱根神社社殿で削られているが、他は驚くほどよく残っている。


前方部から括れ部・後円部。


後円部から括れ部・前方部。


後円部南側に開口する横穴式石室。凝灰質砂岩で構築された複室構造で全長9m程。北壁に接して石棺が設けられていた。


奥から。残念ながら下部の一部しか残っていない。

(撮影 2011/02)

 返信する