12月 212012
 

八幡古墳群(高崎市)は、碓氷川、烏川に挟まれた台地上の南側に、碓氷川に面して位置している。3基の前方後円墳を中心に構成される。
【アクセス】JR群馬八幡駅から徒歩・自転車1.9km、資料館駐車場から徒歩、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧高崎市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

前方後円墳 全長105m、後円部径66m、高さ9m、前方部前端幅56m 八幡町 台地 けい甲小札、凝灰岩製舟形石棺2基 古墳めぐりハンドブック

西側。前方部。3基(観音塚、二子山、平塚)のうち最初に造られた。碓氷川を見下ろすように立地している。5世紀後半の築造。

東側は公園になっている。埴輪像の後は後円部。

前方部から鞍部付近。分譲前の墓地?奥の林の中が後円部で、墳頂はやはり墓地として利用されている。

鞍部から前方部。こちらも墓地。

(撮影 2003/11)

 返信する