12月 202012
 

綿貫古墳群は、日本原子力研究所からその北側にかけての井野川右岸台地上に分布しています。4基の比較的大型の前方後円墳を主墳として5世紀中頃から6世紀後半まで築造されたと推定されています。
【アクセス】JR倉賀野駅から徒歩・自転車3.3km、駐車場有、見学自由(石室内要許可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧高崎市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

観音山古墳(岩鼻村第22号古墳) 前方後円墳 全長97m、前方部幅64m、高さ9m、後円部直径61m、高さ9.5m 綿貫町観音山 台地 鏡、大刀、金銅製大帯、銅製水瓶、銅製刀子、挂甲、冑、馬具金環、須恵器、円筒埴輪、形象埴輪、横穴式石室 高崎市史、現地案内板

南西から。群中4基の前方後円墳の中で最後に築造された。多くの埴輪を樹立し、副葬品には百済新羅時代と関係の深いものがある。被葬者は上毛野国系豪族の中心的人物で6世紀後半の築造と推定されている。

古墳公園として整備保存されている。

中段面に開口する横穴式石室

羨道部分の側壁は河原石積で玄室比べ粗雑。全長12.65mは県内第4位。床面積では県内最大。天井は低いが玄室の平面形は奈良県の見瀬丸山古墳の石室に匹敵する。

玄室。角閃安山岩をブロック状にして通し目積みしている。発掘調査時、右側の側壁はほとんど崩壊しており後に復元整備された。

奥壁

奥から外

(現地案内板より)

史跡観音山古墳
史跡指定 昭和48年4月14日
所在地 高崎市綿貫町観音山

群馬県の古墳時代後期の代表的な前方後円墳である。
墳丘は、前方部を北北西に向け、全長97m、前方部幅64m、高さ9m、後円部直径61m、高さ9.5mの規模で、すべて盛土で築かれている。中段部と墳頂部には埴輪の配列がある。
周堀は二重にめぐり、内堀と外堀は中堤で区分される。全長178m、幅143mほどである。
石室は、後円部に築かれた巨大な横穴式石室で南西に開口する。壁面は榛名山二ツ岳噴出の角閃安山岩の切石を積み上げ、天井石は吉井町産出の牛臥砂岩が用いられている。
なお、出土品は県立歴史博物館に展示されている。
昭和56年3月
文化庁
群馬県教育委員会

石室計測値
全長 12.65m
玄室長 8.12m
奥壁幅 3.95m
奥壁高 2.68m
羨道長 4.53m
羨道奥幅 2.40m
羨道奥高 1.39m
入口幅 1.34m
入口高 1.18m

※高崎市史では名前が不明の古墳の場合、地番をそのまま使用している。

(撮影 2004/01)


  One Response

  1. […] で、本日予定通りの古墳清掃。 […]

     

 返信する