12月 202012
 

佐野古墳群(下佐野古墳群・上佐野古墳群)は、烏川左岸に沿って帯状に分布しています。上毛古墳綜覧では69基が記載されていますが残っているものはわずかです。主に6世紀後半以降に築造されたものと推定されています。*印-上毛古墳綜覧より★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧高崎市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

庚申塚古墳(佐野村第62号古墳) 円墳(造り出し付?) 現状径46m(*径43.2m、高さ5.1m) 下佐野町亀甲 葺き石、骨蔵器、板碑、高杯、*(粘土各、石棺、鏡、刀40、土器) 高崎市史

北西から。非常に大きな円墳。行政区分の関係からか佐野古墳群に含まれるが、主たる分布域からやや離れた3基の大型円墳(庚申塚・大山・茶臼山古墳)は「分布傾向と時期的な関係から見れば、倉賀野古墳群に含めて考えたほうが適当に思える。」(高崎市史より)また高崎市遺跡分布図では、倉賀野古墳群でも佐野古墳群でもなく45-A-2群の1基としている。

南西から。墳丘の南側はいくらか削平されている。墳頂部に石棺があるそうだが今回はうっかり見逃してしまった。

※高崎市史では名前が不明の古墳の場合、地番をそのまま使用している。

(撮影 2004/01)

  3 コメント

  1. 群馬県古墳総覧の威力を試したくてあちこち調べておりますが、グーグルアースではアスファルトをふいて太陽電池パネルを載せているように見えます。
    確実に近日中に寄れるとも言い切れませんので、近況をご存知の方いらしゃったら情報をいただきたく存じます。
    群馬県古墳総覧では「高崎65・下佐野8号墳」でしょうか?

     
  2. >>ろっこう様
    総覧は買えませんでしたので名称はわかりませんが、近況は「古墳なう」さんで紹介されてます。墳丘を覆っているのはアスファルトではなく、防水のシートではないでしょうか。

     
  3. >あんけん様
    「古墳なう」拝見いたしました。やはり管理人さんも脱力しているようですね。
    明日の前橋31度、明後日は雨の予報なので、脱力覚悟で最初にこのエリアに行くつもりです。

     

 返信する