12月 202012
 

倉賀野古墳群(高崎市遺跡分布地図では正六古墳群)は、烏川左岸にある小河川粕沢川左岸の微高地に分布しています。古墳出現期から5世紀前半にかけて造られた大型の古墳から構成されています。*印-上毛古墳綜覧より
【アクセス】JR倉賀野駅から徒歩・自転車1.6km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧高崎市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

大鶴巻古墳 前方後円墳 全長123m、前方部長51m、同高さ6.5m、後円部径72m、同高さ10.5m 倉賀野町丙下正六 円筒埴輪 高崎市史

南から。楯型の周堀が良く残る123mの大型前方後円墳。4世紀末~5世紀初頭の築造と推定されている。後円部の左奥に見えるのは浅間山古墳。

南西から。後円部に比べて低い前方部。

前方部から後円部

後円部から前方部

(現地案内板より)

史跡 大鶴巻古墳
所在地 高崎市倉賀野下正六661
指定年月日 昭和2年4月8日

この古墳は、平坦地に土を2段に盛り上げてつくられた南北に長い前方後円墳である。墳丘のまわりには、楯型の濠をめぐらしていて、よく原型を残している。

特色と形状
1.後円部が前方部より高い
1.後円部径が前方部幅より大きい。
1.死者を葬った主体部は、竪穴系とみられる。
1.墳丘表面には、河原石の葺石がある。
1.墳丘上には、埴輪の配列があったとみられ破片が発見される。

古墳のつくられた時期
墳丘は前方部が低く狭い形で、楯型の周濠をめぐらし、主体部も竪穴系と考えられること、埴輪の存在が推定され、技法的にも古い形式であることなどから、古墳時代のうちでもかなり早い時期のものらしく、5世紀前半のものと推定される。
昭和58年3月31日
文部省
群馬県教育委員会
高崎市教育委員会

※高崎市史では名前が不明の古墳の場合、地番をそのまま使用している。

(撮影 2004/01)

 返信する